安全に使う為に

給湯器の平均的な寿命

お風呂に入ったり洗い物をしたりする時に役立つ、給湯器ですが普段はきにしないこの設備も電化製品なのでいつかは寿命がくるのです。ここでは給湯器の寿命がきたときに、役立つ知識を紹介していきます。 給湯器の平均的な寿命は10〜15年くらいだといわれているのです。部品が消耗したり、基盤が故障したりするのが寿命になるおもな原因なのです。ですから、給湯器を長持ちさせようとした場合には、基盤にとって環境が良い場所に設置する事が大切になるのです。雨や風が給湯器に直接当たるような場所に設置すると、雨やほこりによって寿命は短くなるのです。また直射日光があたる場所に設置すると、夏に温度が上がりすぎて早く故障する結果になるのです。

故障のサインを見逃さないようにする事が重要

給湯器はキッチンの近くに設置する事も多いですが、ここで注意が必要なのは換気扇の下に給湯器を設置するのは避ける事です。換気扇から排出した油の多い空気を、給湯器が吸い込むことによって寿命をはやめてしまうためです。給湯器の寿命のサインとしては、でてくる温度が一定にならず熱くなったり冷たくなったりする事があるのです。またキュルキュルと、異音が発生した時は注意が必要です。出てくる温度が高くならなかったり、追い炊きをしても温かい湯がでてこない時も寿命のサインなので、見逃さないようにする事が大切です。給湯器は住宅で風呂をわかす時には、なくてはならない設備です。ですから故障してしまうと、その日から数日は家で風呂を入る事ができなくなるのです。そのため寿命のサインを見逃さずに、早めの交換をする事が大切です。

Copyright© 2015 ガス給湯器で始まる生活│ハピガス暖か生活All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com